☆セレブログ★

このブログでは日々鑑賞した映画のレビューを書いています☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 映画ブログへ
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』
原題: HARRY POTTER AND THE HALF-BLOOD PRINCE
製作年度: 2008年
別題:-
製作国・地域: イギリス/アメリカ 上映時間: 154分
監督:デヴィッド・イェーツ
製作:
デヴィッド・ハイマン
デヴィッド・バロン
製作総指揮:ライオネル・ウィグラム
原作:J・K・ローリング
脚本:スティーヴ・クローヴス
撮影:ブリュノ・デルボネル
クリーチャーデザイン:ニック・ダドマン
視覚効果監修:ティム・バーク
特殊メイク:ニック・ダドマン
プロダクションデザイン:スチュアート・クレイグ
衣装デザイン:ジェイニー・ティーマイム
編集:マーク・デイ
音楽:ニコラス・フーパー
出演:
ダニエル・ラドクリフ ハリー・ポッター
ルパート・グリント ロン・ウィーズリー
エマ・ワトソン ハーマイオニー・グレンジャー
ジム・ブロードベント ホラス・スラグホーン
ヘレナ・ボナム=カーター べラトリックス・レストレンジ
ロビー・コルトレーン ルビウス・ハグリッド
ワーウィック・デイヴィス フィリウス・フリットウィック
マイケル・ガンボン アルバス・ダンブルドア
アラン・リックマン セブルス・スネイプ
マギー・スミス ミネルバ・マクゴナガル
ティモシー・スポール ピーター・ペティグリュー
デヴィッド・シューリス リーマス・ルーピン
ジュリー・ウォルターズ ウィーズリー夫人
ボニー・ライト ジニー・ウィーズリー
マーク・ウィリアムズ アーサー・ウィーズリー
ジェシー・ケイヴ ラベンダー・ブラウン
フランク・ディレイン トム・リドル(16歳)
ヒーロー・ファインズ=ティフィン トム・リドル(11歳)
トム・フェルトン ドラコ・マルフォイ
イヴァナ・リンチ ルーナ・ラブグッド
ヘレン・マックロリー ナルシッサ・マルフォイ
フレディ・ストローマ コーマック・マクラーゲン
デヴィッド・ブラッドリー
マシュー・ルイス
ナタリア・テナ
ジェマ・ジョーンズ
ケイティ・ルング
デイヴ・レジーノ
オススメ度:★★★☆☆

ストーリー:
闇の帝王ヴォルデモートがマグル(人間)と魔法使い双方の世界で支配力を強め、その脅威はハリーたちのホグワーツ魔法学校にも及んでいた。校内を警戒し始めるハリー。最終決戦が迫っていることを知っているダンブルドア校長は、そんなハリーに来たるべき戦いにむけての準備を施していく。また、ヴォルデモートの防御を解く手掛かりにと、重要な情報を持つ元同僚の旧友ホラス・スラグホーンを魔法薬学教授として学校に迎え入れるのだった。一方、ギクシャクした関係が続くロンとハーマイオニーらホグワーツの生徒たちには春が訪れ、学校中で恋の騒ぎを繰り広げる。そんな中、決戦の準備を進めるハリーはヴォルデモートの意外な過去を知ることになるのだが…。
コメント:
自分は原作を読んでない身だが、そんな立場から言わせてもらうと
今作はいまいち要点が絞り込めてない感じだと言えるだろう。

今作のメインとなるお話としては、サブタイトルにもなっている
”THE HALF-BLOOD PRINCE”=”半純血のプリンス”の存在だろう。
一体このプリンスとは誰のことを指すのか!?
そしてプリンスとヴォルデモートの繋がりは!?
できればこの2点を深く濃く描いてほしかった。

シリーズそのものがダークな内容になりつつある本作が、
ハリーとヴォルデモートの関係を深めつつ、いよいよクライマックスへと展開していく。

ところが、ここにきても未だメインとして描かれるのが、
各登場人物の”恋の物語”である。

読んでないのでわからないのだが、
原作も大いに恋の絡みについて描かれているのだろう。
でなければここまで映画で時間を割く必要もない気がするのだ。

元々、ファンタジー映画の超大作だった『ハリー・ポッター』シリーズだが、
ここにきていまいち的を絞り切れてないように感じてしまった。

あと個人的に本作に期待していたのが、魔法使い同士の激しい魔法対決!!
前作の『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』ではラストで
ダンブルドアとヴォルデモートの究極魔法対決を見せつけられた。
正直、今作を観るきっかけとなったのが、あの前作のラストを超える
魔法対決を観たかったからなのだ。

しかし、その期待も虚しく…
魔法らしい魔法はいまいち見られなく、視覚的に盛り上がるのは
ほんの一部だったように感じた。

その代わりと言ってはなんだが、ストーリーは佳境に向かいつつあり、
各登場人物の感情の渦巻きは見所のひとつであったように思う。
”半純血のプリンス”の正体も原作を読んでない自分にとっては衝撃の展開。

『ハリー・ポッターと死の秘宝』も2部作に分けて公開されるということで、
ストーリーに関しては最後まで期待して観たいと思う。

それにしてもドラコ・マルフォイ役の子役の成長ぶりには驚いた。
みんな昔の面影がなくなりつつあることに、本シリーズの長さを感じる。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

にほんブログ村 映画ブログへ
  1. 2009/07/30(木) 22:00:25|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<『サマーウォーズ』 | ホーム | 『愛を読むひと』>>

コメント

男性はお金、女性は快楽を得ることに興味はありませんか
  1. 2009/07/31(金) 08:20:58 |
  2. URL |
  3. 紹介者 #r3vN9py2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mcinema.blog83.fc2.com/tb.php/255-057f7fb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

M

Author:M
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
とにかく映画が大好きな人間です♪ 現在、日本一情報量の多い海外映画俳優データベースを目指して日々HPを更新中!!
でもさすがに一人の力では日本一は無理か…。
ついにHPのカウンターが100万を達成しました!!!(2006年1月現在)
個人サイトにしてはかなりでかいサイトだと自負していますので、映画が好きな人はぜひHPに遊びにきてください。
M[エム] http://www.m-cinema.info/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
現在、自宅で猫を10匹飼っています。
写真を掲載したHPも公開中!!
にゃんこRUSH http://nyanko.client.jp/
こちらはかなり放置状態です・・・
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。