☆セレブログ★

このブログでは日々鑑賞した映画のレビューを書いています☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 映画ブログへ
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ターミネーター4』

『ターミネーター4』
原題: TERMINATOR SALVATION
製作年度: 2009年
別題: -
製作国・地域: アメリカ 上映時間: 114分
監督:マックG
製作:
モリッツ・ボーマン
デレク・アンダーソン
ヴィクター・クビチェク
ジェフリー・シルヴァー
製作総指揮:
ピーター・D・グレイヴス
ダン・リン
ジーン・オールグッド
ジョエル・B・マイケルズ
マリオ・F・カサール
アンドリュー・G・ヴァイナ
キャラクター創造:
ジェームズ・キャメロン
ゲイル・アン・ハード
脚本:
ジョン・ブランカトー
マイケル・フェリス
撮影:シェーン・ハールバット
視覚効果スーパーバイザー:チャールズ・ギブソン
プロダクションデザイン:マーティン・ラング
衣装デザイン:マイケル・ウィルキンソン
編集:コンラッド・バフ
音楽:ダニー・エルフマン
出演:
クリスチャン・ベイル ジョン・コナー
サム・ワーシントン マーカス・ライト
アントン・イェルチン カイル・リース
ムーン・ブラッドグッド ブレア・ウィリアムズ
コモン バーンズ
ブライス・ダラス・ハワード ケイト・コナー
ジェーン・アレクサンダー ヴァージニア
ジェイダグレイス スター
ヘレナ・ボナム=カーター セレナ・コーガン
マイケル・アイアンサイド
イヴァン・グヴェラ
クリス・ブラウニング
ドリアン・ヌコノ
ベス・ベイリー
ヴィクター・ホー
バスター・リーヴス
ケヴィン・ウィギンズ
グレッグ・セラーノ
ブルース・マッキントッシュ
トレヴァ・エチエンヌ
ディラン・ケニン
マイケル・パパジョン
クリス・アシュワース
テリー・クルーズ
ローランド・キッキンジャー
オススメ度:★★☆☆☆

ストーリー:
機械軍(スカイネット)が人類への反乱から起こした核戦争、“審判の日”から10年が経った2018年。圧倒的戦力を誇るスカイネットによって人類がいよいよ滅亡の危機に立たされる中、生き残った人間たちは抵抗軍を組織し、青年となったジョン・コナーもその一員としてスカイネット殲滅の機会を窺っていた。そんなある日、ジョンはマーカス・ライトと名乗る謎の男と出会う。ところが、彼は体の半分が機械化されていた。さらには、自分はれっきとした人間だと思っていたマーカスがそのような体に至った記憶を無くしており、敵か味方か判断しかねるジョン。しかし、将来彼の父となる少年カイル・リースに身の危険が差し迫っていることをマーカスから知らされ、ジョンはある決意を固めるのだが…。
コメント:
『ターミネーター』シリーズが2作目で完結していることは
3作目を観た人ならすでに承知済みの事実であろう。

だが、こうも続編を作られては観ずにはいられないのがファンの心理でもある。
3作目のあまりの駄作さに不満を抱えて早6年。
このモヤモヤが解消されるのをわずかに期待しつつ今回も映画館へ足を運んだ。

しかし結果はやはり残念なものだった。

そもそもここで描かれるエピソードの必要性が全くわからないのが致命的。

本シリーズのメインキャラと言えば、
抵抗軍のリーダーとしてスカイネットに立ち向かうジョン・コナー。
ジョンの母親であるサラ・コナーと父親カイル・リース。
そして彼らの敵となるターミネーター。

本来はこの4つの存在だけで成り立つ物語のはずなのだ。

なのになぜここに来てマーカス・ライトという
新キャラが登場しなければならないのか?

こいつのせいで話がややこしくなり矛盾が生まれつつある。
しかもジョン・コナーより目立ってるし…。
2作目で完璧に辻褄の合っていた物語なのに、
続編が作られていく毎に不満の塊へと変貌していく。
これじゃ単なる金儲けのタネとしての存在に過ぎないじゃないか。
しかもオマージュ的なネタを入れて満足してしまっている始末。

“I'll be back“の使い方強引だし、
リンダ・ハミルトンの声を使えばいいってもんでもないし、
溶鉱炉の使い方を2作目でT-1000と戦ったときに使った液体窒素と
逆バージョンの使い方(これは映画を観てからのお楽しみ)をしたり、
おまけにシュワちゃんの1作目の顔をローランド・キッキンジャーの
体にくっ付けて無理矢理出演させちゃってるし。

なんかこの手の演出飽きてきた。
こういうネタを期待しながら観ていることもよくあるが、
使い方間違っちゃうとなんだか一気に冷めてしまう感じだ。
まさに悪いお手本。

映像は凄くて当たり前。
でも『トランスフォーマー』と酷似していると言われている時点でアウト。
オリジナリティを失くし、プロットが駄目になった時点で本シリーズは
堕落の途を辿るしかない。

単純にファンが期待しているのは、
ジョン・コナーとターミネーターの未来を掛けた死闘だというのに…。
今後はスカイネットの意図やジョン・コナーの更なる運命、
そして妻・子供との関係が複雑に描かれる(勝手な予想だけど)
ことになるのだと思うと何だか無駄な伏線ばかりな気がして残念で仕方がない。

本作のキャッチコピーに、

”どこで誰が、未来を変えたのか?”

というものが掲げられているが、
僕の心の叫びとしては

”どこで誰が、本シリーズを変えたのか?

この一言に過ぎないと言えるのだ。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

にほんブログ村 映画ブログへ
  1. 2009/06/06(土) 03:58:41|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『NEXT -ネクスト-』 | ホーム | 『シューテム・アップ』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mcinema.blog83.fc2.com/tb.php/251-6d23785d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

M

Author:M
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
とにかく映画が大好きな人間です♪ 現在、日本一情報量の多い海外映画俳優データベースを目指して日々HPを更新中!!
でもさすがに一人の力では日本一は無理か…。
ついにHPのカウンターが100万を達成しました!!!(2006年1月現在)
個人サイトにしてはかなりでかいサイトだと自負していますので、映画が好きな人はぜひHPに遊びにきてください。
M[エム] http://www.m-cinema.info/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
現在、自宅で猫を10匹飼っています。
写真を掲載したHPも公開中!!
にゃんこRUSH http://nyanko.client.jp/
こちらはかなり放置状態です・・・
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。