☆セレブログ★

このブログでは日々鑑賞した映画のレビューを書いています☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 映画ブログへ
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『墨攻』

『墨攻』
原題: A BATTLE OF WITS
製作年度: 2006年
別題:-
製作国・地域: 中国/日本/香港/韓国 上映時間: 133分
監督:ジェィコブ・チャン
アクション監督:スティーヴン・トン
製作:ホアン・チェンシン、ワン・チョンレイ、ツイ・シウミン、リー・ジョーイック、井関惺、ジェィコブ・チャン
製作総指揮:ワン・チョンジュン、スティーヴン・ン、ホン・ボンチュル
原作:森秀樹 漫画『墨攻』(小学館刊)、酒見賢一(原作小説)、久保田千太郎(漫画脚本協力)
脚本:ジェィコブ・チャン
撮影監督:阪本善尚
美術:イー・チェンチョウ
衣装:トン・ホアミヤオ
編集:エリック・コン
音楽:川井憲次
照明:大久保武志
出演:アンディ・ラウ、アン・ソンギ、ワン・チーウェン、ファン・ビンビン、ウー・チーロン、チェ・シウォン
オススメ度:★★★☆☆

ストーリー:
紀元前370年頃の戦国時代、攻撃をせずに守り抜く“非攻”を信念とする集団“墨家”がいた。その頃、大国・趙が送り込んだ猛将・巷淹中率いる10万の大軍を前に、全住民わずか4千人の梁城は落城寸前の危機に瀕していた。梁王は墨家に援軍を求めるが、やって来たのは粗末な身なりの革離ただ1人。革離は王に1ヵ月持ちこたえれば趙軍は撤退するはずと説明、兵に関する全権を与えられると、さっそく城を守る準備に取りかかる。やがて始まった趙軍の猛攻に対し、墨家の秘策で凌ぎ続ける革離は、次第に梁城の兵士や民衆の心を掴んでいくが…。
コメント:
本作のキーワード”墨家”。
墨家(ぼくか ぼっか)とは、中国戦国時代に墨子によって興った思想家集団で、諸子百家の一つである。いろいろ調べてみると、どうやらこの墨家というのは奥の深そうな集団であることがわかった。たとえば以下の”墨家十論”というものだけをみても奥が深い。

兼愛…全ての人を公平に隔たり無く愛せよという教え
非攻…当時の戦争による社会の衰退や殺戮などの悲惨さを非難し、他国への侵攻を否定する教え
尚賢…貴賎を問わず賢者を登用すること
尚同…賢者の考えに天子から庶民までの社会全体が従い、価値基準を一つにして社会の秩序を守り社会を繁栄させること
節用…無駄をなくし、物事に費やす金銭を節約せよという教え
節葬…葬礼を簡素にし、祭礼にかかる浪費を防ぐこと
非命…人々を無気力にする宿命論を否定する
非楽…人々を悦楽にふけらせ、労働から遠ざける舞楽は否定すべきであること
天志…上帝(天)を絶対者として設定し、天の意思は人々が正義をなすことだとし、天意にそむく憎み合いや争いを抑制する
明鬼…善悪に応じて人々に賞罰を与える鬼神の存在を主張し、争いなど悪い行いを抑制する

だが、本作ではその”墨家”についての説明がほとんどなかったといえる。ある程度予備知識が備わっている人にとっては、この全てを読み取ることが出来たのかもしれないが、僕がこの中で感じることができたのは”兼愛”と”非攻”くらいだ。

物語はその墨家のひとり革離(アンディ・ラウ)がわずか4千人の住人が暮らす梁城へ到着するところから始まる。巷淹中(アン・ソンギ)率いる趙の10万の大軍から梁城をひとりで死守するためだ。

知識なしの僕からすれば、なぜ彼がたったひとりで援護にきたのか全くわからない。話が進むにつれてその正体も徐々に分かるのだが、最終的に納得のいくものではなかったといえる。テーマがよかっただけに、内容にいまいち深みを感じることができなかったのが正直残念である。

本作の見所といえば、革離が繰り出す策の数々…と言いたいところだが、これに関しても若干物足りなさを感じたのが正直なところである。実際の戦闘シーンは臨場感溢れるもので映像的にもすばらしいのだが、策を講じるまでの知略が伝わってこなかった。

問題は本作のヒロインである逸悦の存在が大きすぎたことだ。戦争の中での人間らしさを表現するために彼女の存在を全面に押し上げたのだと思うのだが、それが逆効果だったように思う。これにより”兼愛”は少し欠けてしまっているようにも感じる。

133分という限られた時間に押し込めてしまったのが仇となったか…出来るものなら”墨家”の歴史を詳しく描いたものを見たかった。とはいえ、この時代に興味を持てただけでもよかったと思うべきなのかもしれない。今は”墨家”について詳しく知りたいという欲望だけが残ってしまった…。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

にほんブログ村 映画ブログへ
  1. 2007/12/23(日) 22:19:54|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『フルメタル・ジャケット』 | ホーム | 『アイ・アム・レジェンド』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mcinema.blog83.fc2.com/tb.php/178-84505c63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

M

Author:M
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
とにかく映画が大好きな人間です♪ 現在、日本一情報量の多い海外映画俳優データベースを目指して日々HPを更新中!!
でもさすがに一人の力では日本一は無理か…。
ついにHPのカウンターが100万を達成しました!!!(2006年1月現在)
個人サイトにしてはかなりでかいサイトだと自負していますので、映画が好きな人はぜひHPに遊びにきてください。
M[エム] http://www.m-cinema.info/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
現在、自宅で猫を10匹飼っています。
写真を掲載したHPも公開中!!
にゃんこRUSH http://nyanko.client.jp/
こちらはかなり放置状態です・・・
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。