☆セレブログ★

このブログでは日々鑑賞した映画のレビューを書いています☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 映画ブログへ
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『アイ・アム・レジェンド』

『アイ・アム・レジェンド』
原題:I AM LEGEND
製作年度:2007年
別題:-
製作国・地域:アメリカ 上映時間: 100分
監督:フランシス・ローレンス
製作:アキヴァ・ゴールズマン、ジェームズ・ラシター、デヴィッド・ハイマン、ニール・モリッツ
製作総指揮:マイケル・タドロス、アーウィン・ストフ、デイナ・ゴールドバーグ、ブルース・バーマン
原作:リチャード・マシスン『地球最後の男(別題:アイ・アム・レジェンド)』(ハヤカワ文庫刊)
脚本:マーク・プロトセヴィッチ、アキヴァ・ゴールズマン
撮影:アンドリュー・レスニー
プロダクションデザイン:ナオミ・ショーハン
衣装デザイン:マイケル・カプラン
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演:ウィル・スミス、アリシー・ブラガ、ダッシュ・ミホク、アルファ・メイル、チャーリー・ターハン、サリー・リチャードソンオススメ度:

ストーリー:
2012年、ニューヨーク。科学者のロバート・ネビルは3年前に起こった地球規模の災厄をくぐり抜け、この街で、おそらくは全世界で、ただひとり生き残った男。彼は、相棒のシェパード、サムと無人の店舗で食料品や日用品を調達し、セントラルパークに畑を作って生き延びる日々。そして、自分以外の生存者を探して、毎日無線で呼びかけるものの、未だ生存者を見つけ出すことが出来ずにいた。それでも、人類を絶滅させた原因を取り除き、再生の道を探るため、たったひとりで奔走するロバートだったが…。
コメント:
ホラー?アクション?アドベンチャー?
なんだかよくわからないジャンルではあったが、個人的にはとても新鮮で楽しめる内容だった。他の人のレビューにも書かれているとおり、CMから想像されるものとはかなりギャップの感じられるものであったと言えるが、逆にそれが恐怖感を増してよかった気がする。とにかく全編を通して観客を驚かすための演出がふんだんに使用されており、少しでも気を抜くと”ビクッ”と座席を飛び上がること間違いなしだ。最初から最後まで力が入りっぱなしで、心臓の悪い人には間違ってもオススメできない。どちらかというとホラー色が強く、新手のゾンビ映画という感触を受けた作品であった。

だがこんな本作にもみどころはたくさんあったと思う。

まず最高に洗練された音響・効果音、そして映像には背筋が凍りついた。人気(ひとけ)がなくなり、至るところから草が生え、ただ風が吹き抜けるだけのマンハッタンの映像を作り出したことだけでもスゴイことだが、そんな荒廃したニューヨークをフルスピードで駆け抜けるスポーツカーとシカの群れが緊張感を高め異様な雰囲気を生み出す。冒頭からとてもよくできた映像だ。キャッチコピーの”地球最後の男に希望はあるのか”という状況が見事に表現されていて、この世界観に一気に引き込まれた。おそらくこの音響と映像は映画館ならではの特典なのでぜひ体感してみて欲しい。

ストーリーもいい意味で裏切ってくれたのでそれなりに楽しむことができた。

3年前に癌を克服することができる新薬が開発され、副作用により人類は滅亡した。新薬を使用することでKVと呼ばれるウィルスにかかり、発症した者は 90%の確率で死亡し、残り10%は理性を失い凶暴性だけが増し生き続ける。そんな感染者から逃げならが治療薬を研究する主人公のネビルは、3年前に感染者のせいで家族を失ってしまい、唯一の友達は犬のサムだけだった。

とにかくこの凶暴化した人間があまりにも恐い。ゾンビのようなあるいはあのゴラム(LOTRでお馴染み)のような姿で、パワーも遥かに増し猛烈な勢いで襲い掛かってくる。唯一の弱点は紫外線のみ。知能は人間のため目を付けられれば逃げ道はない。とにかく恐怖の連続である。この独特のモンスターが起こす行動が予測を遥かに上回るものなのでとにかく恐かった。

家族そして他の全ての人間が失われてしまったことで、神すら信じられなくなり孤独感に怯えながらも何かに希望を持って強く生き続けるネビル。そんな彼を演じたウィル・スミスもまた素晴らしかった。特に中盤で見せる愛犬サムとの別れのシーンがあまりに印象的である。ラストで決死の覚悟を決めた彼の目に入ったのは、ひび割れたガラスが描き出す蝶々の模様。生前の愛娘が最後に口にしていた言葉である。その瞬間彼の頭をよぎったわずかな希望…それこそ本作のタイトルにもなっている”I AM LEGEND”なのだろう。

いまいち腑に落ちない点や説明足らずな展開もあったが、まあこんな”伝説”もアリかなと思いながら映画館をあとにした。

個人的には、ある程度覚悟して上で、騙されるつもりで鑑賞してもいいような作品であるように思う。
スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

にほんブログ村 映画ブログへ
  1. 2007/12/16(日) 00:29:23|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『墨攻』 | ホーム | 『失踪』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mcinema.blog83.fc2.com/tb.php/177-768c9f48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

M

Author:M
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
とにかく映画が大好きな人間です♪ 現在、日本一情報量の多い海外映画俳優データベースを目指して日々HPを更新中!!
でもさすがに一人の力では日本一は無理か…。
ついにHPのカウンターが100万を達成しました!!!(2006年1月現在)
個人サイトにしてはかなりでかいサイトだと自負していますので、映画が好きな人はぜひHPに遊びにきてください。
M[エム] http://www.m-cinema.info/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
現在、自宅で猫を10匹飼っています。
写真を掲載したHPも公開中!!
にゃんこRUSH http://nyanko.client.jp/
こちらはかなり放置状態です・・・
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。