☆セレブログ★

このブログでは日々鑑賞した映画のレビューを書いています☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 映画ブログへ
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『リトル・ミス・サンシャイン』

『リトル・ミス・サンシャイン』

原題:LITTLE MISS SUNSHINE
製作年度:2006年
上映時間:100分
監督:ジョナサン・デイトン 、ヴァレリー・ファリス
出演:グレッグ・キニア 、トニ・コレット 、スティーヴ・カレル 、アラン・アーキン 、ポール・ダノ 、アビゲイル・ブレスリン
オススメ度:★★★★★

ストーリー:
アリゾナ州に住むフーヴァー一家は、家族それぞれに問題を抱え、崩壊寸前。パパのリチャードは独自の成功論を振りかざして “負け組”を否定し、長男ドウェーンはそんなパパに反抗して沈黙を続ける。9歳の妹オリーヴはとうてい無謀なミスコン優勝を夢見て、ヘロイン常習のグランパは勝手言いたい放題。さらにはそこへゲイで自殺未遂の伯父フランクまで加わる始末。ママ、シェリルの孤軍奮闘も虚しく家族はバラバラ。そんな時、オリーヴに念願の美少女コンテスト出場のチャンスが訪れる。そこで一家は旅費節約のため、オンボロのミニバスに家族全員で乗り込み、はるばる開催地のカリフォルニア目指して出発するのだった。だがその道中、彼らは各々の問題と直面してその現実と向き合う羽目になるなど、散々なドライブに。そして、一家に衝撃的な出来事が起きてしまう…。
コメント:
本作で描かれる家族は見ていてとてもイライラする。お父さん、お母さん、息子、娘、伯父、おじいちゃん…みんな好き好きにやりたい放題言いたい放題で、とにかく協調性がないのだ。もし自分がこの家族の一員だったら発狂するに違いないと思いながら見ていた。しかし、この家族にはなんだか妙な親近感を感じる。なんでだろうなぁと思ったら、今自分が一緒に住んでいる家族がいつもこんな感じじゃん!ってことに気づいたからだ(笑)

僕を本作の登場人物に例えると、夢に向かって意志を貫き通すがあまり、多少周りが見えなくなっているが、最後は家族のために頑張ろうとする息子のドウェーンかな(ちょっと自意識過剰…)。

僕は現在嫁の実家でマスオさんをやっている。一緒に住んでいるのは波平さん、フネさん、サザエさん、カツオくん、僕の5人だ…おっと忘れてた、ペットのタマ(うちで言うと猫10匹+犬1匹+熱帯魚数十匹)も大切な家族の一員だ。

実は家族というのはそれぞれが立場というものを持っており、いざというときには無意識にその役割を果たしている。本作の家族も僕の家族も同じようなものだ。

本作の登場人物はとにかく口論のオンパレード。誰かが口を開けばそれに対して誰かが嫌みを言い放ち収拾のつかない状態へ発展していく。こんな状態はうちでもよく見る光景だ。うちの場合、事の発端はほとんどが波平さんとサザエさんの口論。内容はここで書くのすら馬鹿らしいほどしょうもないものだ。しかし、しょうもないことだとわかっているのに喧嘩してしまうのが親子というものなのだろう。その口論を止めようとするのが、フネさんとカツオくんである。だが時にはその口出しが余計傷を深めることに…(僕はしばらく傍観)。こうなっては止める人が誰もいなくなってしまう。

こんなとき一番効果を発揮するのが、実は動物なのである。本作で言うと娘のオリーヴはその立場だといえよう。ドウェーンが実は色弱だとわかりあまりの悔しさから暴走してしまうシーンがある。このときオリーヴが近くに寄り、何と声を掛けるのかドキドキしながら観ていたのだが…予想に反しオリーヴはドウェーンの肩を抱くだけで言葉は一切発しなかったのである。

動物も言葉を発しない生き物。何か悩みを抱えた人間が近くにいると、ただ近づいてきて寄り添ってくれるという経験をしたことはないだろうか?つまり愛情さえあれば言葉はいらない。人間も動物も身近な人の愛情が一番の癒しになるということを本能でわかっているのだろう。

バラバラに思える家族でも、何かをきっかけに力を合わせて夢に突き進むことができる。『リトル・ミス・サンシャイン』はそんな家族像をドタバタ旅行を交えながらコミカルに描いた作品だ。

なんだかめちゃくちゃ話が脱線したレビューになってしまったが、結局言いたいのは”家族って本当にいいものだ”ってこと(笑)こんなグダグダなレビューを最後まで読んでくれてありがとうございます!!
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

にほんブログ村 映画ブログへ
  1. 2007/06/20(水) 00:36:08|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『大脱走』 | ホーム | 『黒猫・白猫』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mcinema.blog83.fc2.com/tb.php/138-cd519be7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

M

Author:M
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
とにかく映画が大好きな人間です♪ 現在、日本一情報量の多い海外映画俳優データベースを目指して日々HPを更新中!!
でもさすがに一人の力では日本一は無理か…。
ついにHPのカウンターが100万を達成しました!!!(2006年1月現在)
個人サイトにしてはかなりでかいサイトだと自負していますので、映画が好きな人はぜひHPに遊びにきてください。
M[エム] http://www.m-cinema.info/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
現在、自宅で猫を10匹飼っています。
写真を掲載したHPも公開中!!
にゃんこRUSH http://nyanko.client.jp/
こちらはかなり放置状態です・・・
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。