☆セレブログ★

このブログでは日々鑑賞した映画のレビューを書いています☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 映画ブログへ
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ニュー・シネマ・パラダイス』

『ニュー・シネマ・パラダイス』

原題:NUOVO CINEMA PARADISO/CINEMA PARADISO
別題:ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版
製作年度:1989年
上映時間:175分
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
出演:フィリップ・ノワレ 、ジャック・ペラン 、サルヴァトーレ・カシオ 、マルコ・レオナルディ 、アニェーゼ・ナーノ 、プペラ・マッジオ
オススメ度:★★★★★

ストーリー:
シチリアの小さな村にある映画館パラダイス座。そこで青春時代を過ごした映画監督サルヴァトーレが、当時、慕っていた映写技師アルフレードの訃報を聞き、故郷に帰ってくる。そして、少年時代、青年時代の思い出に浸っていたサルヴァトーレが受け取ったアルフレードの形見には、映画への愛とアルフレードの想いがぎっしり詰まっていた……。
コメント:
ひとつの人生を完全に描き切った最高の感動巨編。子供の頃から映画を愛する主人公トトが村の唯一の映画技師で人生の師でもあるアルフレードや家族、そして村の人々を通じて成長する姿が描かれている。僕にとってこの作品は、昔から名作だということで認識している作品ではあったが、少々古い映画というイメージが強く今まで避けてきた作品であった。そして今日、ついにこの『ニュー・シネマ・パラダイス』という名作を観た記念すべき日となったのだ(ちなみに初公開版は未見)。

感想をひとことで言うとしたら”すばらしい”という言葉しか見つからない。

175分という上映時間だが全く無駄に感じることなく最後まで感動の渦に巻き込まれてしまった。トトの少年期、青年期、そして中年期という過程がとても丁寧に描かれており、数え切れないほどの様々な”愛”を見事に表現している作品だ。こんなすばらしい映画を今まで放置していたことを後悔してしまったほど。とにかく観終わった今は、この壮大な人間ドラマに深く感銘を受けてしまっている。

この映画で僕が好きな点はなんといっても脚本だ。映画の舞台となっているシチリアの小さな村にポツリと建つ小さなパラダイス座。村人の唯一の娯楽がそこで上映される映画で、トトもその観客のひとり。母親にはいつも反対されているが、そんなことで子供の好奇心がなくなるわけがない。映画をいつも楽しんでいるトトを観るとこっちまでうれしくなってしまう。本作では場面場面で16本もの映画が挿入されており、映画ファンなら必ずうれしくシーンの連続だろう。この映画を観た一人ひとりがこのパラダイス座の観客になってしまうに違いない。

この映画で賛否がわかれる部分は”アルフレードとの親友としての愛”もしくわ”エレナとの真実の愛”そのどちらに重点を置いて観るかにより、思いやりや憎しみが天秤のように揺れ動くことになる。アルフレードがトトとエレナに下した決断は見方によっては決して許せることではない。愛し合う二人を二度と会えないように仕向け、トトには自分の夢を追いかけるように強制しているからだ。しかしそれも一概には言えない。アルフレードは生涯この村で生きてきたがトトにはこんな小さな村だけに留まって欲しくないと願っている。世界は広くそして人生は長い。トトには映画を愛する者であると共に、自分の夢を叶えて欲しいと願ったのだろう。

結果的にトトは愛を諦め自分の夢を叶えることになる。それが正しい選択であったかどうかは誰にもわからない。実際トトは最後の最後までエレナとの過去を捨てられずにいるし納得のいかない部分があったのは確か。しかしこの映画にはそんな後悔の念を吹っ飛ばすくらいのラストが待っている。アルフレードが形見として残した、昔検閲でカットされたキスシーンのフィルムを繋ぎ合わせて作った最高のプレゼント。このシーンを見た瞬間僕の全身には鳥肌が立った。そしてそれまでのシーンが僕の頭の中でフラッシュバックのように駆け巡る。この映像を見ながらだんだん笑みが溢れてくるトトの顔を見ると感動せずにはいられない。最高のラストだ。

もうこの映画の感動は話して伝わるものではない。とにかくたくさんの人に観て欲しい。そして映画を好きになって欲しい。きっとかけがいのないものを感じるはずだ。

僕は初公開版を観る前にこちらの作品を観てしまったが、どうやらいろんな人のレビューを見る限りでは全く別物の作品に仕上がっているらしい。初公開版のほうが良かったという人の割合のほうが多いがそういう比較はまた別物。どちらの編集もきっといい作品であることには違いないと思う。また忘れかけた頃に別ヴァージョンの作品を観ようと思う。きっとそのときはまた感動をくれる作品であると信じている。というよりこの映画に感動できるような人生を送りたい。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

にほんブログ村 映画ブログへ
  1. 2007/04/10(火) 01:05:21|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<『イージー・ライダー』 | ホーム | 『イルマーレ』>>

コメント

実は今までのNo1映画

トラックバックありがとうございました。
最近は、No1映画にこの映画を挙げると、あまりにも定番になりすぎたせいか
「自称映画通」の人にはちょっとなめられてしまいます。そのかわり、ちょっと
マイナーな、通は知っている的な映画を挙げると、あれいいよねーっ!あたしも好きーっ!
とノリノリになります・・・(苦笑)。
自分は誰になんと言われようと、この映画大好きです。高校時代に初めて見て、以降
10回以上は見てます(初公開版)。完全版は1回しか見てません。初公開版で涙を
流しまくった自分としては、完全版ではアルフレードの印象が変わってしまい、Ummm…って
感じでした。でも完全版を最初に見ていたら、印象は全然違うものになっていたでしょう。
いずれにしても、どちらも、映画のストーリー・音楽ともに、一級品だと思います。
「自称映画通」が何と言おうとも(苦笑)。
  1. 2007/04/13(金) 01:57:15 |
  2. URL |
  3. 伝蔵 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mcinema.blog83.fc2.com/tb.php/111-57cd86e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

M

Author:M
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
とにかく映画が大好きな人間です♪ 現在、日本一情報量の多い海外映画俳優データベースを目指して日々HPを更新中!!
でもさすがに一人の力では日本一は無理か…。
ついにHPのカウンターが100万を達成しました!!!(2006年1月現在)
個人サイトにしてはかなりでかいサイトだと自負していますので、映画が好きな人はぜひHPに遊びにきてください。
M[エム] http://www.m-cinema.info/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
現在、自宅で猫を10匹飼っています。
写真を掲載したHPも公開中!!
にゃんこRUSH http://nyanko.client.jp/
こちらはかなり放置状態です・・・
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。