☆セレブログ★

このブログでは日々鑑賞した映画のレビューを書いています☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 映画ブログへ
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『7つの贈り物』

『7つの贈り物』
原題: SEVEN POUNDS
製作年度: 2008年
別題:-
製作国・地域: アメリカ 上映時間: 123分
監督:ガブリエレ・ムッチーノ
製作:
トッド・ブラック
ジェームズ・ラシター
ジェイソン・ブルメンタル
スティーヴ・ティッシュ
ウィル・スミス
製作総指揮:
デヴィッド・クロケット
デヴィッド・ブルームフィールド
ケン・ストヴィッツ
ドメニコ・プロカッチ
脚本:グラント・ニーポート
撮影:フィリップ・ル・スール
プロダクションデザイン:J・マイケル・リーヴァ
衣装デザイン:シャレン・デイヴィス
編集:ヒューズ・ウィンボーン
音楽:アンジェロ・ミィリ
出演:
ウィル・スミス ベン・トーマス
ロザリオ・ドーソン エミリー・ポーサ
マイケル・イーリー ベンの弟
バリー・ペッパー ダン
ウディ・ハレルソン エズラ・ターナー
エルピディア・カリーロ
ロビン・リー
ジョー・ヌネズ
ビル・スミトロヴィッチ
ティム・ケルハー
ジーナ・ヘクト
アンディ・ミルダー
サラ・ジェーン・モリス
マディソン・ペティス
ジュディアン・エルダー
オクタヴィア・スペンサー
ジャック・ヤング
コナー・クルーズ
オススメ度:★★★☆☆

ストーリー:
過去のある事件によって心に傷を抱えながら生きる男ベン・トーマス。彼は7人の名前が記されたリストをもとに、ある計画を実行しようとしていた。それは、7人がある条件に一致すれば、彼らの運命を永遠に変える贈り物を渡そうというもの。その7人は互いに何の関係もない他人同士だが、ベンにとっては彼らでなければならない理由があった。またこの計画の目的や、贈り物の中身が何であるか、ベン以外には彼の親友が唯一知るのみ。こうして、ベンは7人それぞれに近づき、彼らの人生を調べ始める。だがやがて、リストの中の一人で余命幾ばくもない女性エミリーとの出会いが、ベンの計画に大きな影響をもたらせていく…。 [『7つの贈り物』]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

にほんブログ村 映画ブログへ
  1. 2009/02/24(火) 00:42:37|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『クローバーフィールド/HAKAISHA』

『クローバーフィールド/HAKAISHA』
原題: CLOVERFIELD
製作年度: 2008年
別題:-
製作国・地域: アメリカ 上映時間: 85分
監督:マット・リーヴス
製作:
J・J・エイブラムス
ブライアン・バーク
製作総指揮:
ガイ・リーデル
シェリル・クラーク
脚本:ドリュー・ゴダード
撮影:マイケル・ボンヴィレイン
プロダクションデザイン:マーティン・ホイスト
衣装デザイン:エレン・マイロニック
編集:ケヴィン・スティット
出演:
マイケル・スタール=デヴィッド ロブ
マイク・ヴォーゲル ジェイソン
オデット・ユーストマン ベス
ジェシカ・ルーカス リリー
リジー・キャプラン マレーナ
T・J・ミラー ハッド
ベン・フェルドマン
ライザ・ラピラ
クリス・マルケイ
テオ・ロッシ
オススメ度:★★★★☆

ストーリー:
ニューヨーク、マンハッタン。ある夜、仕事で管理職への就任が決まり日本へ栄転となったロブを祝うため、アパートの一室で送別パーティーが開かれていた。ところがそのさなか、外で突然爆音が響き渡る。ロブたちが屋上へ出てみると、街の一部で爆発炎上している凄惨な光景が広がっていた。さらに、間もなくその惨禍は彼らにも及び、一瞬にして街一帯がパニック状態となる。そして、人々はこの事態を引き起こした元凶でおよそ地球上には存在し得ない巨大な怪物を目の当たりにするのだった…。 [『クローバーフィールド/HAKAISHA』]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

にほんブログ村 映画ブログへ
  1. 2009/02/13(金) 23:36:07|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『ミスト』

『ミスト』原題: THE MIST
製作年度: 2007年
別題:-
製作国・地域: アメリカ 上映時間: 125分
監督:フランク・ダラボン
製作:
フランク・ダラボン
リズ・グロッツァー
製作総指揮:
リチャード・サパースタイン
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
原作:スティーヴン・キング 『霧』(扶桑社刊『スケルトン・クルー1 骸骨乗組員』所収)
脚本:フランク・ダラボン
撮影:ロン・シュミット
クリーチャーデザイン:
グレゴリー・ニコテロ
ハワード・バーガー
プロダクションデザイン:グレゴリー・メルトン
編集:ハンター・M・ヴィア
音楽:マーク・アイシャム
出演:
トーマス・ジェーン デヴィッド・ドレイトン
マーシャ・ゲイ・ハーデン ミセス・カーモディ
ローリー・ホールデン アマンダ・ダンフリー
アンドレ・ブラウアー ブレント・ノートン
トビー・ジョーンズ オリー・ウィークス
ウィリアム・サドラー ジム・グロンディン
ジェフリー・デマン ダン・ミラー
フランシス・スターンハーゲン アイリーン・レプラー
アレクサ・ダヴァロス サリー
ネイサン・ギャンブル ビリー・ドレイトン
クリス・オーウェン ノーム
サム・ウィットワー ウェイン・ジェサップ
ロバート・トレヴァイラー バド・ブラウン
デヴィッド・ジェンセン マイロン
ケリー・コリンズ・リンツ ステファニー・ドレイトン
オススメ度:★★★★★

ストーリー:
のどかな田舎町を襲った激しい嵐の翌日、デヴィッドは湖の向こう岸に発生した異様に深い霧に懸念を抱きながら息子と共にスーパーマーケットへ買い出しに出掛けた。するとやはり、その濃い霧は間もなく買い物客でごった返すマーケットに迫り、ついには町全体を飲み込むように覆っていく。人々がマーケットに缶詰状態となる中、霧の中に潜む不気味な触手生物を発見するデヴィッド。彼を信じた者たちはただちに店のバリケードを作り始め、武器になる物もかき集める。その一方、骨董品店の女主人カーモディは狂信めいた発言で人々の不安を煽ってしまう。そして夜、突如として霧の中の生物たちが襲撃を開始、店内は大混乱となるのだが…。
[『ミスト』]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

にほんブログ村 映画ブログへ
  1. 2009/02/12(木) 00:48:55|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』

『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
原題: THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON
製作年度: 2008年
別題:-
製作国・地域: アメリカ 上映時間: 167分
監督:デヴィッド・フィンチャー
製作:
キャスリーン・ケネディ
フランク・マーシャル
セアン・チャフィン
原作:F・スコット・フィッツジェラルド
原案:
エリック・ロス
ロビン・スウィコード
脚本:エリック・ロス
撮影:クラウディオ・ミランダ
プロダクションデザイン:ドナルド・グレアム・バート
衣装デザイン:ジャクリーン・ウェスト
編集:
カーク・バクスター
アンガス・ウォール
音楽:アレクサンドル・デスプラ
出演:
ブラッド・ピット ベンジャミン・バトン
ケイト・ブランシェット デイジー
ティルダ・スウィントン エリザベス・アボット
ジェイソン・フレミング トーマス・バトン
イライアス・コティーズ ガトー
ジュリア・オーモンド キャロライン
エル・ファニング デイジー(7歳)
タラジ・P・ヘンソン クイニー
フォーン・A・チェンバーズ ドロシー・ベイカー
ジョーアンナ・セイラー キャロライン・ボタン
マハーシャラルハズバズ・アリ
ジャレッド・ハリス
デヴィッド・ジェンセン
テッド・マンソン
トム・エヴェレット
オススメ度:★★★★★

ストーリー:
1918年、ニューオーリンズ。ある一組のカップルの間に男の子が産まれる。しかし、その赤ん坊は80歳の老人と見まがうほど奇異な容貌をしていた。ショックを受けた男は困り果てた末、赤ん坊を老人養護施設に置き去りにしてしまう。そして、施設を営む黒人女性クイニーに拾われた赤ん坊はベンジャミンと名付けられ、献身的に育てられるのだった。成長するにつれ髪が増え、皺が減り、車椅子から立って歩けるようになるなど、普通の人間とは逆に若返っていくベンジャミン。やがて少年期を迎えた彼はある日、施設入居者の孫娘で6歳の少女デイジーと出会う。それは、これから様々な経験を積み壮大な人生を歩んでいくベンジャミンにとって、今後かけがえのない存在となる女性との運命の出逢いだった…。 [『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

にほんブログ村 映画ブログへ
  1. 2009/02/09(月) 20:44:43|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『007/慰めの報酬』

『007/慰めの報酬』
原題: QUANTUM OF SOLACE
製作年度: 2008年
別題:-
製作国・地域: イギリス/アメリカ 上映時間: 106分
監督:マーク・フォースター
製作:
マイケル・G・ウィルソン
バーバラ・ブロッコリ
製作総指揮:
カラム・マクドゥガル
アンソニー・ウェイ
原作:イアン・フレミング
脚本:
ニール・パーヴィス
ロバート・ウェイド
ポール・ハギス
撮影:ロベルト・シェイファー
プロダクションデザイン:デニス・ガスナー
衣装デザイン:ルイーズ・フログリー
編集:
マット・チェシー
リチャード・ピアソン
音楽:デヴィッド・アーノルド
テーマ曲:モンティ・ノーマン (ジェームズ・ボンドのテーマ)
主題歌:
アリシア・キーズ
ジャック・ホワイト
出演:
ダニエル・クレイグ ジェームズ・ボンド
オルガ・キュリレンコ カミーユ
マチュー・アマルリック ドミニク・グリーン
ジュディ・デンチ M
ジェフリー・ライト フィリックス・レイター
ジェマ・アータートン フィールズ
イェスパー・クリステンセン ミスター・ホワイト
デヴィッド・ハーバー ビーム
アナトール・トーブマン エルヴィス
ロシー・キニア タナー
ジャンカルロ・ジャンニーニ マティス
ホアキン・コシオ メドラーノ将軍
グレン・フォスター ミッチェル
フェルナンド・ギーエン・クエルボ カルロス大佐
スタナ・カティック
ニール・ジャクソン
オススメ度:★★★★☆

ストーリー:
何者かの陰謀によって愛するヴェスパーを亡くし、復讐を誓ったボンドは、彼女を操っていたミスター・ホワイトを捕らえ、真相を究明すべく尋問する。そして、彼の背後には世界中の有力者や諜報機関をも取り込む巨大な組織が存在していることを知るのだった。その調査のため、まずハイチに向かったボンドは、そこでカミーユという謎めいた女性と出会う。さらに彼女を通じ、組織の幹部ドミニク・グリーンを突き止めるボンド。グリーンの表の顔は、環境保護のため土地を買収する慈善団体“グリーン・プラネット”のCEO。だがその裏では、ボリビアの土地に眠る貴重な天然資源の独占を目論み、それを機に世界支配を企んでいた。上司Mから、グリーンの陰謀を阻止する任務を私情を挟まず遂行せよ、と念を押されるボンド。ところが、カミーユも実はグリーンと共謀するボリビアの将校に愛する家族を殺され、復讐の機会を窺っていると知ったボンドは、彼女と共にグリーン打倒へ奔走していく。 [『007/慰めの報酬』]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

にほんブログ村 映画ブログへ
  1. 2009/02/02(月) 21:26:45|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『007/カジノ・ロワイヤル』

『007/カジノ・ロワイヤル』
原題: CASINO ROYALE
製作年度: 2006年
別題:-
製作国・地域: アメリカ/イギリス 上映時間: 144分
監督:マーティン・キャンベル
製作:
バーバラ・ブロッコリ
マイケル・G・ウィルソン
製作総指揮:
アンソニー・ウェイ
カラム・マクドゥガル
原作:イアン・フレミング 『007/カジノ・ロワイヤル』(東京創元社刊)
脚本:
ニール・パーヴィス
ロバート・ウェイド
ポール・ハギス
撮影:フィル・メヒュー
プロダクションデザイン:ピーター・ラモント
衣装デザイン:リンディ・ヘミング
編集:スチュアート・ベアード
音楽:デヴィッド・アーノルド
テーマ曲:モンティ・ノーマン (ジェームズ・ボンドのテーマ)
主題歌:クリス・コーネル
出演:
ダニエル・クレイグ ジェームズ・ボンド
エヴァ・グリーン ヴェスパー・リンド
マッツ・ミケルセン ル・シッフル
ジュディ・デンチ M
ジェフリー・ライト フェリックス・レイター
ジャンカルロ・ジャンニーニ マティス
シモン・アブカリアン アレックス・ディミトリオス
カテリーナ・ムリーノ ソランジュ
イワナ・ミルセヴィッチ ヴァレンカ
セバスチャン・フォーカン モロカ
イェスパー・クリステンセン ミスター・ホワイト
クラウディオ・サンタマリア
イザック・ド・バンコレ
トビアス・メンジーズ
オススメ度:★★★★☆

ストーリー:
殺しのライセンス“00(ダブル・オー)”を取得するため、昇格最後の条件である2件の殺害を実行したジェームズ・ボンドは見事ダブル・オーの称号を得る。そして、犯罪組織の資金源を絶つという最初の任務に乗り出すのだった。まずはマダガスカルで爆弾所有の男を追い、そこから世界中のテロリストを資金面で支えるル・シッフルなる人物が一連の案件に深く関わっていると判明。続いてボンドは、バハマ、マイアミで武器売人と航空機爆破の阻止に奔走し、いよいよル・シッフルへ辿り着く。すると、ル・シッフルがモンテネグロの“カジノ・ロワイヤル”で大勝負に出ることが明らかとなり、ボンドは更なる陰謀を阻止せんと現地へ向かうのだった。しかし、そんな彼のもとには、財務省からお目付役として美女ヴェスパー・リンドが送り込まれる。最初は彼女に対して懐疑的だったボンドだが、危険を共にする中で次第に心惹かれていく…。 [『007/カジノ・ロワイヤル』]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

にほんブログ村 映画ブログへ
  1. 2009/02/01(日) 17:46:53|
  2. 映画レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

M

Author:M
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
とにかく映画が大好きな人間です♪ 現在、日本一情報量の多い海外映画俳優データベースを目指して日々HPを更新中!!
でもさすがに一人の力では日本一は無理か…。
ついにHPのカウンターが100万を達成しました!!!(2006年1月現在)
個人サイトにしてはかなりでかいサイトだと自負していますので、映画が好きな人はぜひHPに遊びにきてください。
M[エム] http://www.m-cinema.info/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
現在、自宅で猫を10匹飼っています。
写真を掲載したHPも公開中!!
にゃんこRUSH http://nyanko.client.jp/
こちらはかなり放置状態です・・・
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。